トップ > 観光案内

観光案内

母成の伝説

前九年の役(1051~1062年)の戦いで、敵に追われた源 頼義・義家父子が大きな石の下にある洞窟に逃げ隠れ、紙で鳩を折って飛ばしたところ、鳩が鳴きながら飛んでいったのを見て阿部貞任、宗任は頼義・義家父子が死んだものと油断し、その隙をついて頼義・義家父子は敵を討ったと云われております。そこから頼義・義家父子の身を守った洞窟の名を母のふところに例え「胎内くぐり」又、母の恵みで戦いを成功に導いた峠を「母成峠」と云うようになったということです。

あそびにおいで、あったかくして待ってるよ!

享保年中に平近平氏に安達太良山麓より湯元が発見されました。そののち明治19年から、途中明治33年7月突然の安達太良山噴火に会い死者72名、負傷者10名を出しながらも21年の年月を経て、多くの障害を乗り越えて引き湯工事を完成させ明治40年に日本硫黄株式会社が設立されました。 それにともない硫黄精錬所が出来、当時は日本屈指の事業所になりました。その頃から中の沢温泉も世に知られるようになり、夏は涼しい避暑地また湯治場として、冬はスキーなどのウィンタースポーツとさらに福島有数の名湯と高年齢者から若者まで広く愛されている歴史のある温泉です。

周辺観光案内

不動滝、吾妻小富士、スキー場、五色沼、鶴ヶ城、磐梯山と猪苗代湖、白糸の滝


大きな地図で見る

交通のご案内

■列車で
東北新幹線で
東 京 → 郡山 (約1時間40分)
仙 台 → 郡山 (約40分)
磐越東線で
いわき → 郡山 (約1時間40分)
磐越西線で
郡 山 → 猪苗代 (約1時間)
磐越西線で
新 潟 → 会津若松 (約3時間)
磐越西線で
会津若松 → 猪苗代 (約30分)

■お車で
福 島
 R115 → 土場トンネル → R115 → 中の沢温泉(50分)
郡 山
 R49 → 猪苗代 → R115 → 中の沢温泉 (1時間)
東 京
 首都高速 → 東北自動車道(4時間) → 郡山JCT → 磐越自動車道(25分) → 猪苗代IC → R115(30分) → 中の沢温泉
新 潟
 磐越自動車道(1時間30分) → 猪苗代IC → R115(30分) → 中の沢温泉

■バスで
 猪苗代駅よりバス乗り換えで40分