トッププランご案内 > 施設案内

お風呂

露天風呂 「かわせみの湯」/「やませみの湯」/大浴場 「かわせみの湯」/「やませみの湯」

男子・女子のお風呂が時間で入れ替わります。 趣の異なるお風呂をお楽しみいただけます。

『中の沢温泉』
享保年中に平近平氏に安達太良山麓より湯元が発見されました。そののち明治19年から、途中明治33年7月突然の安達太良山噴火に会い死者72名、負傷者10名を出しながらも21年の年月を経て、多くの障害を乗り越えて引き湯工事を完成させ明治40年に日本硫黄株式会社が設立されました。 それにともない硫黄精錬所が出来、当時は日本屈指の事業所になりました。
その頃から中の沢温泉も世に知られるようになり、夏は涼しい避暑地また湯治場として、冬はスキーなどのウィンタースポーツとさらに福島有数の名湯と高年齢者から若者まで広く愛されている歴史のある温泉です。

『中の沢温泉源泉:日本一級の湧出量』
これまで、単独湧出口からの湧出量は、毎分9,000リットルの秋田県玉川温泉が最高でしたが、2009年10月、福島県会津保健所による調査で、中の沢温泉源泉が単独口湧出量13,400リットルで”日本一級”であることが判明されました。

その日本一級の温泉は、安達太良山麓にある源泉(約70℃)より”ぼなり”までの約7km引き湯され、この間ガスが抜かれ幾度となく湯もみされ、”ぼなり”には約50℃前後でたどり着きます。大小4つの浴槽には、贅沢に溢れながら注がれ、その量と泉質の良さで全国の温泉愛好者に喜ばれております。

泉質:酸性含硫黄・酸性塩化物温泉
適応:[一般的適応症]神経痛・筋肉痛・関節痛・運動麻痺・慢性消化器病・冷え性・疲労回復
[泉質別適応症]慢性皮膚病・慢性婦人病
源泉、パイプ

パブリック

売店『花あけび』コンベンションホール『白糸』クラブ『シンシア』カラオケルーム『蜃気楼』和食処『峠の茶屋』

宴会場

大宴会場『あづまの里』中宴会場『不動』小宴会場『さんしょう』

ラウンジ・客室

ロビー,ティーラウンジ『グリーングラス』『和風館客室』

全館平面図・お部屋割ご案内